『映像編集』の仕事

 

映像のカット編集や合成、グラフィックデザインなど映像としての仕上げ工程を担当。作品の構成や映像のつながり、
画質など作品全体のバランスを整える編集業務の他、高度なデジタル技術を必要とする特殊効果作業にも対応する
仕事です。

編集する環境は?働く場所は?

【ポストプロダクション】

テレビやDVDなどの各種映像作品、映画の製作における撮影後の仕上げ作業総称。 ここに高度な技術を駆使して映像を作り上げるためのスタジオ機材が備わっています。ポストプロダクション機能を備えたスタジオで編集作業を行います。

編集の役割

オフライン編集 (※基本はディレクター・監督が担当 

 映像作品の全体構成を決めるための編集

編集のタイムライン上で、時間をコントロールする編集手法。時間の経過は実生活のように一定のリズムで進むだけではなく、時には一瞬で過ぎ去ることもあり、またゆっくりとスローモーションのように経過することもあります。その編集の中での時間軸を操るのがオフライン編集です。

 ※エディターとして関わるCASEはディレクターから指名を受けた場合のみ

オンライン編集 (※主にテロップ挿入、カラコレ、実写とCGの合成など

  映像作品の面白さや伝えたい内容をより良いものにするための編集

オフライン編集である程度組み立てられた時間軸に基づいて、そのカットごとの空気感のクオリティをより高めたり、方向性を修正したり、まったく別の世界に加工したり、受けとめる側へ与える印象をより際立たせるための加工をする編集手法です。

編集の醍醐味

「ディレクターの考えるイメージを具体的な映像作品に仕上げる(自らの手で仕上げる)」
「担当エディターによって作品の色が変わる(良くも悪くもエディター次第)」

 ディレクター・監督 ⇒ 映像の構成・完成イメージを考える

         エディター      ⇒ イメージを具現化する

今取り組めること(編集に活かされること)

・写真データの色補正や文字デザインを合わせてみる(プリクラのイメージ)
・多ジャンルの映像作品を観て自分が表現したい作品を見つける
・サークルやアルバイトなど集団生活の中で協調性を身に付ける


映像制作における「編集」に興味のある方はまずは説明会にお越し下さい!!

このページの先頭へ▲