『CMプロデュース』の仕事 

  優秀なクリエイターを活かすのが、プロデューサー

15~30秒という一瞬の映像で、多くの人の心に残るメッセージを発信するCM。その緻密な演出を実現させるため、予算管理やスタッフ編成などプロジェクトの全てを統括するのがCMプロデューサーの仕事です。プロデューサーはプランナー、ディレクター、カメラマン、出演者などCMに関わる全ての人を起用し、実際に動かしていきます。優秀なプロデューサーがいるからこそ、素晴らしい作品が生まれるのです。  プロデューサー中心

CM制作現場の役割分担

 プロジェクトの全てに関わり、クオリティを支える

CMの現場は大きく分けて、プロデューサーが統括する「制作部」と、CMディレクターやプランナーが在籍する「企画演出部」の2つの部門があります。当社のCMプロデュース部門として入社すると全員が「制作部」に配属され、プロダクションマネージャーアシスタント(PA)として、プロデューサーへの一歩を踏み出します。(「企画演出部」への配属・異動は原則、ありません。)

制作部の仕事は、演出部分に限らず、プロジェクトがスタートした瞬間から始まります。スポンサーへのプレゼンテーションや企画会議、作品に適したスタッフ編成など、全工程でCMのクオリティを支えます。

CM制作の流れ

プロデューサーになるために

まずは一人前のPMを目指そう。
 

プロデューサーとなるためには、プロダクションマネージャー(PM)として経験を積む必要があります。入社後の約1~2年間はPAとして、まずはPMを目指します。

プロデューサーやPMの仕事はプロジェクトを受けた瞬間からスタート。「どんな商品をどうしたいのか」というスポンサーの要望を聞き(オリエンテーション)、そのために最適なクリエイティブをプランナーと共に企画したり、企画に相応しいディレクターを人選したりと、携わる業務は多種多様です。企画が決まった後も、撮影の手配や現場関係者のケア、撮影後には編集作業や音楽・ナレーション入れ等の仕上げにも関わります。

1つのCM作品に最初から最後まで携わり、作品を世に出すこと、これがプロデューサーやPMの仕事です。

全く何もない所から「生み出す」喜びを味わいたい方は、当社でCMプロデューサーを目指しませんか?

このページの先頭へ▲