『番組制作』の仕事

未経験から番組の制作現場で働く場合、
アシスタントディレクターとして業務に関わります。

会議資料の準備、リサーチ、取材先へのアポイント、
編集立会い、関係者への連絡、日程調整、
視聴率の推移調査、弁当の手配など業務の幅は広く、
どれも重要な仕事です。

ここで将来のディレクター候補として必要なスキルを
身に付けます。

 

 
 

 

働く場所は?

民放、NHKのほかBS、CS、番組制作会社が主な職場となります。その中でもバラエティ、報道・情報、スポーツ、ドラマなどジャンルは多岐に渡ります。担当番組が決まると、そのテレビ局などが自分の職場となります。

 

 

働く環境は?

「午前9時から午後5時まで」といったキッチリ決まった働き方は少なく、ジャンルや担当番組によってさまざまです。

定期的に休みがある番組や放送後に休みがある番組。深夜まで働いた翌日は昼過ぎに出社など誰一人として同じような働き方はありません。

多くの人が目にし、影響力の大きなテレビだけに、事前の入念な確認作業は徹底して行われます。精神的にも身体的にもタフな人材が求められています。

また、テレビ局員、制作会社、フリーなどの垣根はなく番組作りに集中できます。

 

番組制作の醍醐味は?

演出家やディレクターがイメージするモノをカタチにするのがアシスタントディレクター。
その仕事内容は、番組作りに大きく影響します。ADがいないと番組が出来ないほど重要なポジションです。自分が関わった番組が無事に放送され、反響があった場合、これまでの苦労が報われるほど、やりがいを感じられます。

また、タイトな現場だからこそ、頑張れば頑張った分だけ評価され、成長するスピードも比例します。

優秀なディレクター、演出家になると局側から指名されるほどで自分のスキルを直接業務に活かせる仕事です。

 

このページの先頭へ▲