企業理念

クリーク・アンド・リバー社はクリエイターを支援することで人と社会の豊かさを創生することを理念とし、日本初のクリエイター・エージェンシーとして1990年3月に創業しました。

現在では国内外に60,000人のクリエイターと1,000社に及ぶ制作プロダクションをパートナーとし、国内外に6社の子会社を擁する企業グループへと進化を続けています。 

クリーク・アンド・リバー社の2大ミッションは、「クリエイターの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」です。
才能豊かなクリエイターを発掘し、育て、支援し、活躍できる環境を構築していくこと。
そして、その才能を組み合わせることにより新たな価値を生み出し、私たちに関わる全ての方の幸せを追求していきます。

「クリエイター・エージェンシー」はクリエイター側からみれば「生涯価値の向上をサポートする機関」であり、クライアント側からみれば「価値創造への貢献を実現するサービスプロバイダー」です。
この2つの役割を果たすことで、ものを生み出す創造力を社会への貢献力に変えています。


このページの先頭へ▲